毒身オタリーマン"はやとちん"の日々


by hayato_buni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Beyond the noise (ノイズの向こう)

あれから、僕たちは・・・・と歌ったのはスガシカオ。
勇気より希望よりやさしさより・・・・と歌ったのはTM Network
前フリはともかく・・・。

似非オーディオファンの自分の最近のトレンドは「ノイズキャンセリング」。
ノイズキャンリングはソニーに一日の長がある、でも最高モデルは高い。
BOSEも出したけど、やっぱり高い。
テクニカはまだ商品見かけないし・・・。
と思ったらパイオニアが手ごろな値段で出してくれました!



そんなわけで、これを買ってきました。
プレイヤーも大事だけど、スピーカー部分はやっぱり大事だよね。

SE-MJ7NS お値段などはここ
・・・・ポイントでお持ち帰りだけどな(爆)




さっそく帰りがけに使ってみました。
ヘッドフォンの音そのものは、さして驚くほど透明感があるわけでもない。低音はしっかり出ている印象。高音が出ていないわけではないので悪い印象は無い。
サラウンド機能は正直飾りですよ。キライではないけど・・・・。
やはり驚くのはノイズキャル機能だ。

まず、ターミナル駅の雑踏が消える。これ本当。
電車は来るのはわかるけど、全然うるさくない。
電車や駅のアナウンスが聞こえないかというばそうでもない。
動いている電車の中では、たしかに電車の音はするが、うるさくないほどに騒音は軽減されている。
部屋でPCのファンがあったら、確実に音が消えますよコレ。
長時間のリスニングにも耐えられます。耳全体を覆ってくれます。また、ソニーMDR-NC6のように頭に電池ケースがかぶらないので、その点もステキです。
完全に音が消えるワケではないので悪しからず。

ノイズキャンセリングの技術が、外のマイクで音を拾って、その位相音を無音として出しているため、音を出していないと、微妙な圧迫感がある印象派否めない。今後の課題だろうなあ・・・・。

オススメ度:★★★★☆
(高音域には残念。コストパフォーマンスは高い!)
[PR]
by hayato_buni | 2006-12-17 00:46 | オタ全般