毒身オタリーマン"はやとちん"の日々


by hayato_buni
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

PRIMERGY TX100 S1にWindows Home Server 2011を入れてみた その2

a0005524_23271796.jpg

WHS2011をインストールDVDから起動して、セットアップを開始です。
ここで早速問題。

以前、データ用に1TBのドライブを使っていました。これをシステム用に使いまわそうとしているわけですが、WHSがデータ領域として認識したので(注:本当はこれはこれで間違っていはいない)、一度電源を抜き、接続した3台の2TB HDDのSATAケーブルをわざと抜き、HDD1台構成でセットアップを継続。
a0005524_2327385.jpg


WHS2003の時は、BSODになったり、ドライバーを入れたり大変でしたが、WHS2011は、なんと!標準ドライバーだけでぬるぬる進む! 拍子抜けするくらいあっさりインストールが終わりました。
起動すると、システム用の1TBのパーティションはこのように割り振られていました。

・システム起動領域用100Mbytes
・OS領域(C:)約60GB
・残り(D:):約900GB

共有フォルダーは、D:に作成されます。まあ当然です。これは、ディスク増設後、コンソールからプロパティを開けば、あっさり変更できるので、問題ではないですね。

では、ここでRAID5計画を実践!
一度サーバーをシャットダウンし、わざと外したSATAケーブルをつけ、再度WHS2011を起動!
ディスクの管理で、RAID5ボリュームを選ぶだけ!
ダイナミックディスクのRAID5ボリュームの機能で実現しています。

ディスクの管理ではこんな感じです。
a0005524_23281626.jpg


1.862TB * 3 = 5.586TB
3.630TB / 5.586TB * 100 = 64.98%
80%程度はいってほしかったのだが、こんなもんかね....。

そもそもRAID5の使用率って
RAID5容量 = (ドライブ数-1)×ドライブあたりの実容量
だから仕方ないか.....
[PR]
by hayato_buni | 2011-05-29 23:34 | オタ全般